インプラントの治療の流れを教えてください


インプラントの治療の流れを教えてください

インプラントの治療は、実は失った歯の本数や、顎の骨の硬さや大きさ、それにインプラントを埋め込む場所によっていろいろな選択肢があるほか、担当医がレントゲンやCTなどを用いて、詳しく検査を行ってから、どんな治療が良いのかを判断します。

この時点で顎の骨の再生が必要と判断された方は、顎の骨を育てるところから治療が始まりますが、一般的な流れでは検査に異常がなければ、手術へと進みます。

一次手術では歯茎を切開して顎の骨を削り、インプラントを埋め込むという作業を行います。
麻酔を使用するので、患者さん本人はウトウトした状態になっており、ほとんど手術内容について覚えていないことが多くなります。

インプラントに使われているチタンは骨と結合する性質があるので、埋め込んだインプラントが結合する期間として3か月から6か月ほど経過観察をします。
結合が確認されてから再度歯茎を切開してインプラントの連結部分を露出させて義歯を入れるための準備をします。
この状態を二次手術といい、歯茎が完治するまで1週間から6週間ほど経過観察をします。

歯茎の状態が落ち着いたら義歯となる被せ物の型を取って作成、インプラントに装着となります。
この被せ物はいくつもの素材で作ることができるので、担当医とよく相談して素材を選ぶと良いです。

インプラントの工程は何段階にも分かれていて時間も必要になるものです。

麻酔はどんな麻酔ですか?

インプラント治療に使用する麻酔は大体が、静脈内鎮静法というものです。
これは点滴で麻酔をしていきますが、全身麻酔のように意識を完全に失うというものではなくて、患者さんがウトウトした状態になるものです。

治療中の不安や緊張、痛みを軽減するためのもので、点滴で注入することにより意識レベルを一定に保つことができるものです。
しかしほとんどの患者さんは、麻酔で眠っていると勘違いするほどで、もちろん治療内容などは一切記憶にないことが多いです。

参照元:初めての、インプラント歯科選び – 大阪編